MENU

武漢ウイルス研究所に関わる科学者の暴露、人工ウイルスの真相

今回の動画は

今回の動画は、武漢ウイルス研究所関わっていた科学者たちから直接聞いた話
コロナは人工ウイルス
国際金融資本はなぜワクチンを打とうとするのか?

とても大事な内容なので
是非、ご覧ください

<この動画のURL>
https://www.bitchute.com/video/kTas5FPo7hth/

<2021年8月20日追記>別の動画サービスにアップロードしました。内容は上記と同じです。
https://rumble.com/vlfm9w-36000644.html

※アクセスが集中すると再生されない時があります少し時間をおいて再生ください。
※1、2分待っても再生されない場合、新しいブラウザのページを立ち上げた何度か再生チャレンジしてくださいでも。
※Youtubeと比べて不安定です、かけてる資本力を考えると仕方ありません。ご理解ください。

お気づきになった点がございましたら、ビットシュートでもこちらでも
コメントいただけますと幸いです。

このポータルを運営する、コロナ問題を考える会は超党派で結成され、ワクチンによる健康被害を最小限に食い止めることを
当面の目標に緊急的な行動として活動を開始しました

詳しくはこちら
https://blackriverwing.org/hello-world/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (6件)

  • ビットシュートで、動画がボタン押してもスタートしないと書いた者です。

    少しして、ブラウザの関係では?と思いオペラからグーグルクロームに変えてみたら、見れました。

  • 〇 武漢でコロナがバラまかれたのは確定事項ですね。
    ゲイツは武漢パンデミックの1年前にワクチン特許を取得している。
    ゲイツはワクチンタイプの違う工場を7つ建設。準備万端整えて武漢パンデミックを決行。
    ゲイツはワクチンで1兆円以上儲けたといわれる。
    ゲイツ先日米軍に拘束されたという話もある。現時点では多分本当だと思う。
    〇もう一つはワクチンに酸化グラフェンが入っているという話です。
    スパイク蛋白の毒性というのが、酸化グラフェンの毒性ではないかと思っている。スパイク蛋白の毒性というのがグラフェンの性質と似通っているように思える。
    酸化グラフェンに電磁波を照射するとまるでアメーバのように動く。
    中国では酸化グラフェンがネットで膨大な量が売られている。マスクや綿棒にも入っているとか。
    PEGでコーテイングされた酸化グラフェンが脳にも入っていくのではないか。
    酸化グラフェンに電磁波を当てるとサイトカインストームになるらしい。
    武漢で突然人が倒れる映像があった。カメラの前で突然倒れるのはやらせだと思ったが、今は酸化グラフェンを持っている人に電磁波を照射したのではないかと思っている。
    いま世界中で急速に話題になっているのに、ワクチン会社がだんまりを決め込んでいるのは本当なのではないかと思う。
    酸化グラフェンを体外に排出すのにはグルタチオンが有効だということです。子供やスポーツ選手はグルタチオン濃度が高いとか。グルタチオンを直接摂取しても消化器で分解されてしまうらしい。
    N-アセチルシステインがグルタチオンの前駆体でこれを摂取すればグタチオン濃度を貯めることができるらしい。N-アセチルシステインはサプリで販売されているが、ここにきて急に米CDCかFDAがN-アセチルシステインの販売を禁止したとか。アマゾンもiHarbも全メーカー売り切れでない。私は別のところにあったのでとりあえず180錠確保しましたが。
    販売禁止も偶然ではない気がします。
    酸化グラフェンの情報はご存知かもしれませんが、「ザウルスの法則」ブログしか今のところないですね。

    • 恐ろしいお話ですね。
      予防としてのグルタチオンですが、飲み薬ではなく 貼るパッチが売られてます。
      知ってますか?
      情報をお持ちでしたら教えてください。

  • このコメント欄も良く判らないですが、名前が出るのならまずいですね。よろしくお願いします。

  • 昨日からなんどもアクセスしてみるのですが、回線が込み合っているのか、
    つながらなくて視聴できません。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる